痛風に重要な尿酸値とは

痛風は尿酸値対策

尿酸値が上がると痛風の原因

尿酸値とは100dl中の血液中に含まれる尿酸の値で基準値は男性で3.8~7.5mg/dl女性は2.4~5.8mg/dlです。7.0mg/dlを超えると尿酸が結晶化してきます。結晶化した尿酸が関節に溜まり、炎症を起こしてきます。これを痛風の症状です。通常プリン体を含む食品が体内に入ると、代謝が行われ尿酸に変化をして、尿となって体外へ排出されます。プリン体を多く含む食品を取り過ぎると、体内で代謝しきれずに蓄積されてきます。検体結果として尿酸値が高くなると痛風の原因となります。

暮らし,プライベイト

痛風は足の指の痛みを感じます

昔の日本にはなかった痛風は、1960年代に増加するようになった病気です。原因は食生活が欧米化して動物性タンパク質や動物性脂質を摂り過ぎることです。痛風は突然足の指が痛みだし、痛みは締めつけられるように激しく足を動かすこともできないような症状があります。改善するには、発作が起こった時は、発作を止めるようにして、足の指などが痛くなる発作が起こらない時は、血液中の尿酸を減らすことが必要になります。カロリーを抑えた食事、アルコール飲料は控える、水分を充分にとる、軽い運動をするなどなど生活習慣の改善が大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 暮らしにおける仕事について. All rights reserved.