介護施設を経営するには

介護施設を建てる

介護施設の種類について

介護施設には数多くの種類が存在していますが、日帰り施設と宿泊施設の2つに大きく分けられます。日帰り施設はデイサービスと呼ばれており、入浴介助・食事・レクリエーション等を楽しめます。宿泊施設は有料老人ホーム・特別養護老人ホーム等があり、都心は特に入居倍率が高まっていてこれらの介護施設の整備が急務となっています。日帰り施設・宿泊施設の両方とも日中は看護師・介護福祉士が常駐している事に加え、夜であっても職員が24時間常駐しているので安心して過ごす事が出来ます。

暮らし,プライベイト

↑PAGE TOP

© Copyright 暮らしにおける仕事について. All rights reserved.